HOME 通訳・法廷通訳 翻訳・技術翻訳 研修プログラム 会社概要・連絡先

AOKI USA Inc. - 通訳・翻訳・病院研修サービス


病院研修サービスの研修現場を紹介

―医療学生による米国医療現場の研修 ―

将来の日本医療の発展を担う学生が集いシリコンバレー、サンフランシスコの医療施設を訪問しました。 AOKI-USAは、これに同行してきましたのでご報告いたします。

学生の中には医師を目指す者、看護師やセラピストを目指す学生など計15名。目指す分野は違っても目標に向かって進む学生さんたちの目はキラキラ輝き自分の意見をしっかり伝え気になることは必ず質問していました。

初日はCalifornia Pacific Medical Center(CPMC)リハビリセンターの訪問でした。施設の中には最新鋭のリハビリ機器が並び、今まで見たことのない機器も多数あったようです。現役セラピストによる機器の説明を熱心に聞いた後は、学生さん自身がその機器を使って感触を確かめていました。

リハビリ体験を終えた後は、患者さんがリハビリセンターに来るまでの流れを勉強しました。患者はただ「足が痛い!」と言ってリハビリセンターを訪れるわけではありません。まず主治医に見てもらい専門医を紹介される。例えば股関節置換手術を受けた二人の患者さんを比較してみます。一人は現役のサッカー選手、もう一人は80歳のおじいちゃん。同じ手術を受けても回復の早さも違うし、リハビリの目的も異なります。サッカー選手は今後もサッカーが続けられるようにリハビリ―を受け、80歳のおじいちゃんはお孫さんと散歩ができるようになりたいという目的があります。そういった違いをセラピストが把握したうえでリハビリ治療に入ります。学生さん達も実際に頭の中では判っていても目の前でそんな現場を見ることは初めてだったようです。

2日目はHealth Right 360 という医療施設にて通訳を任されていましたが、あいにくお話をしていただく医師が急患でどうしても時間が取れなくなってしまい訪問は中止となってしまいました。Health Right 360は日本ではあまり見られない医療機関で、所得の少ない人、麻薬中毒患者、精神的疾病を持った人など地位や階層を問わず必要な治療が受けられる施設です。アメリカの医療を知ってもらう上で、是非日本の学生にもこの施設の事を伝えたいというコーディネーターさんの強い希望で、急きょ今回通訳を任された私がこの施設を説明することになりました。

Health Right 360が担う役割をホームページ内にある3人の患者のインタビューを見ながら施設の内容を紹介しました。十数年医療通訳として働いた経験から話を進めてアメリカ医療システムの良いところと今後修正しなければならないところなどを学生さんと討論し、アメリカ人のボランティア精神についてまで話が広がりました。そんな中で、日本の学生さんもきちんと自分の意見を言えるようになってきて時代の流れを肌で感じることができました。

以下、学生代表の方からお礼のメッセージを頂いたので紹介します。

HAさん:
今回は貴重なお時間を割いていただいてありがとうございました。2日間とても濃い時間を過ごすことができました。
青木さんのお話を聞いて、ボランティア活動は自分が思っていた以上にハードルが低いもので、 積極的に参加していくべきものなのだとよく分かりました。たくさん吸収することができて、 本当によかったです。ありがとうございました。

MMさん:
CPMCでの通訳と翌日のHealth RIGHT 360の説明など2日間にわたってありがとうございました。
初日のCPMCでは青木さんがいてくれたからこそより詳しく知ることができました。
青木さんなしでは難しい専門用語の単語がわからず、理解に戸惑っていたことと思います。
2日目のHealth RIGHT 360の説明においてはこの施設を通して自分という1人の人間を取り戻した3人の方の ピックアップし、 より具体的な説明で実際に見学に行けなくてもこの施設について詳しく理解することができました。
CPMCやHealth RIGHT 360だけでなくアウトリーチの活動であったり、 アメリカ人と日本人のボランティアという言葉にかける思いなど、 今までの自分を振り返ってこれからの意思の変化を考えさせられる講演でした。
自分はボランティア活動のように、自分の体を使って何か行動をすることは好きです、日本にいる今ではなかなか率先して行えません。どこかに戸惑いがあるのだと思います。
しかし、青木さんのお話を聞いた上でアメリカ人の接し方を見てみると恥ずかしいことでもなく素晴らしいことなんだと再認識できました。日本に帰ってもこの気持ちは忘れずに持ち帰りたいと思います。
青木さんのお話が聞けてよかったです。貴重な2日間を私たちのために時間を割いていただき、ありがとうございました。

医療学生による米国医療現場の研修

「研修プログラム」トップ に戻る